« 「芸術か異端か」回し | トップページ | ぼろぼろの海事上げ>< »

2月17日のアプデで小国の爵位叙任が楽になる!

 オスマントルコへの亡命やスエズ運河の開通が気になる
Chapter5「Menace of Ottoman」は、2月17日に実装とのこと

 そのリリースを見ていて驚いたのが、

◆小国を背負って立つ航海者に優遇策を発動
勢力値の小さい国家ほど、“大海戦”や“大投資戦”など国家に関わる行動の個人報酬が増加するようになります。また、勢力値の小さい国家に所属するプレイヤーほど、爵位叙任の条件が低くなります。

という点。存在意義が疑問ですらあるヴェネツィアなど小国を盛り上げる手段として、個人報酬を増やすのは想定の範囲内。それだけの優遇では亡命しようとは思えません。

しかし驚いたのは、「爵位叙任の条件が低く」なる事。投資で爵位をもらうには、
①100K、②1M、③10M、④50M、⑤100M、⑥500M、⑦1G、⑧2G、⑨3G……⑯10G
という総投資額が必要になります。

私の場合④までは投資できましたが、いくら爵位がほしくても⑤や⑥はキツイです。まして⑦以降はあり得ません。

ですが!
この金額が緩和されるのであれば、小国に亡命してしまうかもしれません!

また、発見物の報告をしないでためておき、ヴェネツィアに亡命して一挙の報告ってのもありかも。

あれ?

 投資なり報告なりのために小国に亡命しても、それが終わったらまたポルトガルに戻ってしまうかな。そう考えると、うーん、今回の措置はどれだけ意味があるんだろう……

|

« 「芸術か異端か」回し | トップページ | ぼろぼろの海事上げ>< »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/242576/27284404

この記事へのトラックバック一覧です: 2月17日のアプデで小国の爵位叙任が楽になる!:

« 「芸術か異端か」回し | トップページ | ぼろぼろの海事上げ>< »